13 5月

自分の歯を何らかの原因で失った

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。