11 2月

どんな治療でもそうですが、インプラント治

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもほとんどありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。