05 3月

歯を抜いたところにも人工歯を装着

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。