01 2月

近年、インプラントの治療件数が増えて

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。